相続放棄をしようと思ったら

相続放棄をしようと思ったら、相続の開始を知った時点から相続財産に一切手をつけてはいけません。なぜなら相続放棄をするということは、被相続人の財産に関しては全くの赤の他人になるということだからです。

 

もし、故人のお金を使ってしまったことが発覚すると、故人の債権者からの訴えで相続放棄の許可が無効となることがあります。
車や保険の名義変更なども安易にすることはやめましょう。

 

相続放棄も相続権利者と相談することが必要です。第一順位の相続人が放棄すると、次の順位の人も放棄しなければいけません。勝手に自分だけ放棄することは誰かに負債の責務を負わせることになりかねません。そこから親族間のトラブルに発展してしまいます。

 

相続する財産がプラスになるかマイナスになるかの検討は、相続人全員でしっかり確認することが大切です。マイナスになることが確実なら相続放棄を検討するのがよいでしょう。

 

相続放棄は相続権利がある人全員がしないと、誰かが借金の返済義務を負うこととなります。

 

そして、その相続されてしまった人が借金を完済せずに亡くなると、また誰かがその借金を背負うことになってしまいます。

 

相続放棄をしたら、次の順位の人に知らせたあげることがいいのですが、これは法的な義務ではないので、連絡をしない人もいます。

 

単純に相続する場合の相続順位と相続放棄した場合の順位は異なります。
まず、配偶者は常に相続人となり、ここから紹介するのは、配偶者がいない、あるいは相続放棄をしたケースです。
被相続人の子が第一順位となります。子が相続放棄をした場合、次は孫になりそうですが、第二順位は被相続人の父母、祖父母になります。孫は相続放棄をする必要はありません。

 

ただし、被相続人の子が亡くなっている場合は孫や曾孫が相続人(代襲相続人といいます)となります。被相続人より先に子が亡くなっていたら、孫や曾孫は相続放棄をしないと借金の返済義務が生じてしまうのです。

 

第三順位は兄弟姉妹です。兄弟姉妹が被相続人より先に亡くなっていると、その子ども(甥や姪)が代襲相続人となります。ただし、甥や姪が亡くなっていてもその子どもが相続人になることはありません。

 

このように相続放棄の範囲と順位は複雑になっているので、被相続人より先に子が亡くなっているケースに当てはまる場合は、専門家に相談することをオススメします。