遺産相続トラブル

遺産相続トラブルは、資産家にあるもので自分には関係ないと思っていませんか?相続に関するトラブルは遺産が少しでもあれば、誰しも起こりえるトラブルになります。

 

一般的に多いとされるのが、兄弟姉妹・親族で争う遺産相続争い。
また、遺言書をめぐる相続トラブル。そして、相続放棄後のトラブルなど、相続紛争はたくさんあります。

 

税制改革によって2015年から相続税がアップしますが、家族で財産相続について話し合っているかどうかのアンケートがあります。
この調査は財産相続の相談を受けた経験のある税理士100人に対して行ったものです。

 

あまり話し合っていないという回答が55%で、まったく話し合ったことがないという回答が5%ありました。相続人同士がトラブルになったケースを経験した税理士が約8割にもなったというデータもあります。
このような結果をふまえて、被相続人が健康なうちに相続人達と話し合いの場を持つことが大切だということがいえます。

 

スムーズな財産相続のために「財産相続方法を盛り込んだ遺言書を作成する」ということも大切です。また「生前贈与」も有効な方法かもしれません。

 

 

遺産の取り分や分け方でトラブルに

遺産の取り分や分け方でトラブルになると、血が繋がった者同士であるだけに争いは深刻になりがちです。

 

自分がどれだけ遺産をもらうことができるのか、遺産分割の手続きをどう進めるのか、そもそもどこから手をつければいいのかなどは、専門家でない人にとってはわからないことだらけです。

 

遺言書があってもそれが法律に有効か、内容は納得のゆくものかどうかも検討の必要があります。
また、財産といっても負債も財産のうちですからマイナス財産が多いことだってありうるのです。
その結果、財産を相続しないという選択も出てくるでしょう。

 

人間は欲がありますから、自分の都合のよい方向へ話を持って行きたいものです。相続権利のある人が多ければ多いほど話がまとまりにくいともいえます。まずは無料相談機関へ相談してみることです。

 

そして相続の手順を理解したうえで、専門家に任せるのが一番スムーズな相続ができるのです。