遺産相続の話題

親が亡くなって親族間で遺産相続の話題になっても、いったい自分の親がどれくらいの遺産を残したのかよく分かりませんね。はっきりしているのは、持ち家であればその土地と家屋ぐらいです

 

しかしその土地・家屋が抵当に入っていることもあります。
調べてゆくうちに多額の借金が出てくることだって考えられることです。
日頃から親とのコミニュケーションが取れていれば、たいていのことは把握できているでしょうが、成人して世帯を別にしてしまうと、親の経済状態を詳しく把握できなくなります。

 

親が亡くなったら土地や家屋を相続するつもりでいても、借金が多ければ、手放さなければなりません。また、土地家屋を売っただけでは払いきれない借金がある場合は相続を放棄するしかありません。

 

相続放棄という制度があることを知ってホッとしますが、速やかにその手続きを始めなければいけません。なぜなら相続放棄ができる期間は3ヶ月以内となっているからです。相続放棄の手続きは、原則として相続の開始を知ったときから3ヶ月以内とされているからです。

 

なので、死亡から3ヶ月が経過してしまうと、原則として普通の相続、つまりプラスの遺産もマイナスの遺産も受け継ぐことになります。

 

ただし、例外もあります。金融機関などから借金の督促状が来て初めて借金があることを知り、相続人として支払わなければならないことを知った場合はその時点から相続放棄の手続きをすることが可能です。

 

また亡くなった方と疎遠で、借金の請求をされて初めて自分が相続人と分かって、かつ借金の存在もそれまで知らなかった。そしてその借金は亡くなった方が連帯保証人になってできた借金の場合、相続人である自分に借金の請求が来るのは大抵3ヶ月以上経過しています。

 

このようなケースの場合、何も知らない相続人が借金を背負わされるのはあまりにも残酷だということで、例外的に相続放棄が認められる余地があるとされています。こういった制度があることを知らないで、借金を返済したという方が結構多いと言われます。

 

亡くなった方に借金があるようだが詳しいことがわからない場合や、相続放棄の期限が過ぎてから借金の存在が判明したなど、悩みを持っている人は、相続に詳しい弁護士や司法書士に相談することをオススメします。

相続というのは一種の法律事件だとも言われます。

亡くなった方の遺産をめぐって骨肉の争いが起きる物語はテレビや小説で見聞きしますが、実際に自分にもいつかは、その事件の大小の違いはあっても体験する可能性があります。

 

遺産というと思い浮かべるのは土地や建物などの不動産です。これらの相続は司法書士に相談、依頼するのがいいでしょう。司法書士は相続登記の専門家であり、法律に基づいたきちんとした処理をしてくれます。

 

もし亡くなった方に子どもが無く、相続人が複雑になっていたり、相続人同士がもめている場合は弁護士に依頼しましょう。

 

相続争いは最悪の場合、最高裁まで争うことがあり、解決までにかかる時間や費用も莫大なものになります。そうならないためにも最初から司法書士や弁護士に相談をしておくと安心です。

 

相談料については、弁護士は司法書士よりかなり高めですから、弁護士を選ぶときは、相続に精通した弁護士を見つけましょう。

 

また相続によって支払う税金について不安があるときは、税理士に依頼しましょう。