相続には3種類の選択肢があります。

 

相続の開始を知った3ヶ月以内に、単純承認、限定承認、相続放棄の3つからどれか1つを選択しなければなりません。

 

「相続の開始を知った日」とは、被相続人つまり親などが亡くなったのを相続人が実際に知った日のことです。相続人が遭難したり、家で、失踪していて被相続人の死を知ることができなかった期間は除かれます。

 

「単純承認」は、被相続人の遺産を全て受け継ぐことで、不動産や預貯金だけではなく、借金があればこれも相続することになります。
被相続人の遺産を全て相続することを明言して意思表示すれば、手続きは一切不要です。また相続の開始を知った3ヶ月以内に限定承認も相続放棄もしなかった場合や遺産を処分したときは法廷単純承認したとみなされます。

 

「限定承認」は、相続した不動産や預貯金の財産の範囲内だけで、負債の支払いにあてることを条件とした相続です。借金が財産より多い場合でも財産全てを借金にあてれば、不足分は返済が免除されるということです。
この方法は家庭裁判所に財産目録を作成して提出しなけらばなりません。
また相続人全員の同意が必要です。

 

「相続の放棄」は被相続人の財産も借金も全て受け継がないことです。
相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄申述書を提出しなければなりません。相続人が単独で行うことができ、相続人全員の同意は必要ありません。相続の放棄をすると、特別な理由がない限り取り消すことはできません。

 

遺産をめぐって兄弟や親族間で相続争いをする。

親が生きている間は考えたことがないようなことが起きるのが相続です。
昔は日本では家父長制度みたいなものがあって、親が亡くなったらすべてを次の家長が受け継ぐことを他の親族は普通に受け入れていた時代がありました。

 

しかし現代ではその風習も無くなってきて、親の遺産は兄弟姉妹が平等に受け継ぐケースが増えてきています。兄弟姉妹間で親から今までに貰った金額や物の価値感の相違から紛争へと発展してしまうケースがあります。

 

長男は家の跡を継ぐのだから、多くの遺産が欲しいと思っています。
その他の子供たちは独立するときに親からの援助を受けているけど、長男の取り分に比べたら少ないと思っていれば、遺産の分割に際して意義をとなえる人がいます。

 

親に借金があり1人が相続放棄をすると、その借金の返済義務が他の親族に移ることで、紛争が起きることもあります。
親が遺言書を残したために紛争になることもあります。
また、病気の親の世話をするために、婚家先から介護に通ったから他の兄弟と同じ相続分では納得できないという人もいます。
相続の紛争の種は数えきれないほどあるのです。